冷え性をほっておくと

冷え性を改善するには湯船が大切

冷え性改善なら湯船に入る必要

毎日の入浴はシャワーのみ、というシャワー派も、冷え性を改善しようと思うならシャワーだけでなく湯船に入ってゆっくり温まることが大切です。あたたかい湯船にゆっくりと浸かることは、身体の中まで温まることはもちろんのこと、自律神経を落ち着けてくれるのでストレス軽減にもなりますよ。

そして、自律神経には体温調節をつかさどっています。冷え性や冷え性が引き起こした低体温を改善するために、体温の調節機能をもとの正常な状態に戻す根本的な改善方法なのです。また、血行も促進されるうえに胃腸も温めてくれるので、若い女性の悩みに多い便秘にも効果を発揮してくれるのです。

このように効果の高い湯船につかる習慣ですが、いくつかのポイントを守るようにしないと効果が半減しますので注意しましょう。まず、湯船の温度は高めに設定しないことです。ゆっくりとつかるためにも大体40度程度を目安にしましょう。熱い湯船につかるのもよいものですが長くつかっていることができません。結果的に温まるのは身体の表面だけとなってしまい、肝心の身体の中は冷えたままなのです。体の芯まで温められず、体の表面だけが温まる「カラスの行水」や「江戸っ子の熱い湯好き」では冷え性や低体温は改善されないことを覚えておきたいものです。

また、熱い湯は自律神経を緊張させ、その結果胃腸の動きにもストレスを与えてしまう恐れがあります。冷え性改善を目指すなら、お湯の温度は40度程度に設定して、時間にして15~20分程度はしっかりと湯船につかることが大切なのです。のぼせやすい、という方なら体に負担をかけない半身浴がおすすめです。ゆっくりと長湯ができてリラックス効果も抜群です。毛穴が開いて老廃物を輩出できる美肌効果、デトックス効果も望めるということで女性には人気の高い入浴方法です。

Copyright © 冷え性を放っておくと起こる危険. All rights reserved.